無題
(画像はネットよりお借り)
こんにちは。日向神楽です。

今日は便所掃除フェチの男性の思い出話を書きたいと思います。
この方は、もう亡くなったわけではないのですが、便所掃除が好きすぎて、
本当に会社員の仕事を辞めて、清掃業に従事するようになったために、
SMクラブで遊ぶということがままならなくなり、今に至っています。

一見、転落した人生のように見えるのですが、
それは他人から見た彼の姿。フェチを追求するその姿勢は好事家の鏡です。

因みに、やっぱりフェテシストであって、マゾヒストではないのだなと思うことの一つに、彼の歩く速度があります。

何度かとなりを歩く機会があったのですが、必ず私より先に道を歩いていくのです。
便所掃除のことを考えて、気持ちがせいているのかもしれませんが、主従関係というギミックは彼にとっては単なるおまけのようです。

さて、皆さんお待ちかねの「便所掃除フェチ」がどのようなものであるかお話ししましょう。
当時、(パープルムーンにはないコースですが)野外調教プレイコースの出張の枠で受け付けましたが、
駅の公衆トイレ、そこに居ますから、ということで行ってみると、本当に清掃員の格好をした彼が一生懸命トイレ掃除をしているのです。これは、ちょっといくらなんでも社会的にはぎりぎりの行為なので、これ以上の詳細は省きますが、完全にコスプレをして、股間を勃起させて、さげすむ私の視線を上目遣いでチラチラ見ているのです。
これが彼にはたまらない行為なのです。
彼とは、スカトロの話、自分のすね毛をそってタイトスカートをはくプレイ、
高所恐怖症なのに、便所掃除野外調教の後に、新宿の高層階で食事をするプレイ、
顔面騎乗しながらお寿司をほおばるプレイなど、ありとあらゆる面白い遊びを
した記憶があり、
いつか自分のこの一連の行いを、文章にしますと宣言して、はや3年は経ちます。
けっこうずっとその作品が仕上がるのを待っているのですが、いつになるのでしょう。

しびれを切らして私がこうしてコラムに書いてしまいました。

早く便所掃除男の転落の物語が読みたいものですね。

公開されたらこちらのコラムで紹介したいと思います。

頑張ってください。

神楽



このエントリーをはてなブックマークに追加

180106_Haruka-36

I am a Japanese domina who is available for professional sessions in the BBK or Tokyo area.  I would like to get to know kinky people from all over the world.

 

I have been working as a domina for almost 17 years, although I do not have so much experience of SM play with foreigners.

 

I believe that each person has their own personal style of kink, so please tell me about yours!

 

I will not push my style onto you. As we talk and get to know each other, bit by bit, the time that we spend together will become more fun.

 

Even though I can talk to you as an equal, if you would like me to treat you as my slave, I can also do that.

 

If you would like to experience authentic rope bondage, please come to me.

 
I consider BDSM to be a craft, and always strive to learn new things and improve my skills.

 

I would like to meet you soon.

 

Hinata Kagura
 

このエントリーをはてなブックマークに追加


無題
(画像はネットよりお借り)

こんにちは。三寒四温、四季のある日本は今、移ろいやすい天気ですね。
長年、SMクラブのお仕事をしていると、お天気と変態性には何か法則性のようなものが
あるんじゃないのかな、って思うことがあります。

一般的に、雨や雪などの荒天時は、気圧が下がるので交感神経が優位になる影響で沈んだ気持ちになりがちです。敏感な人とそうでないひともいるので一概には言えませんが、お休みの日で雨の日だった場合、なんとなく二度寝してしまうことなどよくあるんじゃないかと思います。

しかし、変態さんは雨の日や雪の日に出かけるのが大好きです。
マゾ的要素のひとつかもしれませんね。

それから、季節による服装の変化で言うと、ブーツは冬の時期一般的には身に着けて出かける人が多いのですが、
なぜか、ブーツのオーダーが多いのは、梅雨時期とか夏。

むれむれのブーツで調教されたいというところなんでしょう。

気持ちはわかりますが、女王様は結構街で浮いている存在になることは確かです。

プレイの時のブーツは室内だけで履きますが、夏にそのブーツに合わせてパンストなどは履いて出かけますので、むれむれであることはかわりません。

かわいいわがままをこうやって日々受け入れつつ、SM人生を楽しんでいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ