こんにちは🌞神楽です。
先日24時間プレイを決行しました。

68904509_452809591991599_3359994684217753600_n
クライアントは数年来の付き合いあるM男性で、女装が趣味なのですが、かなり堅い仕事をされていることもあり、おおっぴらに女装イベントに出かけたり、普段女装する友達に会うことも一切ありません。

「男の娘」が登場してからすっかり、女装も一般的になってきたので、今更SMクラブでどうして女装するんだろうと疑問に思われる方もいると思います。しかしそこは昭和の隠微なSMワールド。令和になったいまでも、秘すれば花の、女王様以外誰にも見られたくない、秘密を握られることに対してその真っ直ぐな服従心からくるマゾヒスティックな快感に溺れたい女装子も、生き残っているのです。

お迎えの車の運転、ペンションへのエスコートから全て、服従心を露わにして犬のように懐くM男性。一歩後ろを歩くことから始まり、食事を食べ始める順番、部屋に入る順番、洗面所の使い方、ありとあらゆる機会に女王様の機嫌を取り繕いながら、少々ビクビクしています。
意識しすぎるあまり失敗することもしばしば。
思いっきりお仕置きするタイミングは山のようにあります。
あんまり全部お仕置きしたら私が疲れる、、と思っていた昨年の調教とはうって変わり、私がマジギレするタイミングも皆無で、はじめて、女装したまま、手を繋いで数時間仮眠しました。ここまで成長する迄には、一晩中縛られての放置プレイ、空腹でお腹がぐるぐる鳴る目の前で、女王様に美味そうに食事をしているのを見せつけられる、などのカオスをたくさん経験しました。
非常に躾の行き届いたM男性の成長を見れて、ああ女王様やってて良かったなと思ったのは内緒です。

プレイ写真で、展開を具体的に妄想してくださいね。
67916331_499796004104541_2865654720226131968_n
68291839_714519632286733_7747655122586435584_n
69148355_950274231981246_6123902166072557568_n
68610355_1315164651992699_8963541165580222464_n

24時間プレイは女装コース6枠分で受付中です(入会金、ご指名料、深夜料金はサービス)一日中監禁されるなんでいつかやりたいし憧れるけど、流石に金銭と時間が許さないM男性諸君、是非通常のオールナイトコースで遊びましょう。日向神楽はじめ、対応可能な女性、パープルムーンに多数在籍しています。

パープルムーンは引き続き、ミストレス女性も募集しています。
SMに興味がある方、長時間のプレイ、3PプレイはSMクラブに所属する醍醐味でチャンスだとも思いますので、是非気軽にお問い合わせください。所属して、一緒に変態ワールド楽しんでいきましょう。

日向神楽
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。神楽です。
よく、「自分はまだまだ本当のM男じゃないです」とか「ソフトSMなんです」
とか、謙遜も込みでおっしゃる方がいます。
とても真摯な方だな、と思っていますが、あんまり謙遜が過ぎると慇懃無礼だぞ、
と思ったりもします。

ここはSMクラブですから、素敵に大胆にプレイを楽しみたいところです。

今日は皆さんに、生まれながらの変態がどういうものなのかについて書きたいと思います。

人間便器になりたいという願望を持ちながら極度の潔癖症だったYさん。
「いつか、女王様の黄金を食べたい」
という気持ちがありながら、一向に黄金プレイの予約はしてきません。

そうなんですが、何度もクラブに遊びに来ては、自分の性癖がいかに培われたか、
話すのです。

Yさんは、調教プレイが好きというより、フェティシストの部類です。
女性崇拝がすごく、神楽という女王様そのものをフェティッシュに愛でてくれる奴隷でした。

フェティシストは得てして一方通行の自分語りをします。

Yさんが初めてエッチなものを自分の身体で体験したのは中学生の時。
Yさんのエロスの対象は「ブルマに包まれた太もも」でした。
女子中学生の姿を眺めてうっとりしていたそうです。
特定の女の子を好きになるというより、そのブルマのデルタ地帯が好き、
そのことに気が付いたYさんは、自分のお小遣いでブルマを買います。

そのブルマを自ら着てみます。そしてなんとそのままの姿で、夜の空の下、ランニングに出かけるYさん。

体育着が心地よく体にフィットします。

どんどん疾走するYさん。

汗がほとばしり、情熱がみなぎってきます。

ふと、周りに目をやると、入り口の戸を閉めた商店の窓ガラスに自分が写っています。
憧れのブルマのデルタ地帯が大写しになっているのです。

Yさんにとってそれが自分の身体だろうが、女子中学生の身体だろうが、目に映るブルマの姿は関係ないのでした。

なんとYさんは自分のブルマ姿を見て、どぴゅっつ!!!!!!!!!!!!

超奥手だったYさんは、「なんか気持ちいいおしっこが出てしまった」と、射精ということに気付かず(知識がなかったため)、次の日、起こったことをすべて同級生に話したそうです(ブルマの件は伏せて)。同級生にからかわれて、それは射精だとその時初めて知ったのだそうです。

…どうですか。生まれながらの変態がこの世にいるということを知って、溜飲がさがったひともそうでない方もいると思いますが、Yさんの気持ちいい射精は私だってちょっとうらやましい。

皆さんはどう思いますか?

神楽

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
お久しぶりです、神楽です。
今日は自分で拘束具を作ってSMプレーを楽しんでいるM男性にお会いしました。
その方は、排水溝のアナをふさぐものをホームセンターで買ってきて、
そこに金具とゴム製のロープをつなげて、口枷を作っていました。

それから、驚いたのがシリコン製の水泳帽を深く被っての
簡易全頭マスク。
その発想はなかったな、と驚きました。

割と手作りSMプレイヤーにはお会いする機会があるのですが、
今回のは割と秀逸でした。

また新作の道具を携えて、遊びに来てください。

神楽


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ